FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙と感謝と・・・

優子 「ゆかり、
仕事大分出来るようになってきたわね」

コンたんは、やれば出来る子ですから

優子 「ゆかりにはお世話になったね」

優子さん、何言ってるんですか
私の方がお世話になりっぱなしでした。
私は涙ぐみました。

コンたん 「優子さん、辞めないでください。
私、優子さんの仕事もしますし・・・
事務室でくつろいでくれていんで」

優子 「あはは、ありがとうね。
私もここはね 結構気にっているから
辞めたくないのよ。

でも、 旦那に単身赴任させる訳に
いかなくてね、娘が旦那にべったりなのよ。」

コンたん 「そうだったんですね・・・」

優子 「うん、そうなの。ごめんね。」

私は、優子さんに一杯お世話になりました。
優子さんは、すっごくいい人で・・・

(この二年間のことが頭から次から次へと
思い出になって蘇ってきます)

号泣です。

ただ、ただ
下を向いて泣きました。

そんな、私を優子さんは胸元に
そっと引き寄せ
ありがとね、ありがとね。と
何回も言いました。

優子さんの声も小刻みに震えていました。

優子 「ねぇ、ゆかり、
まだ、退職まで2週間以上あるのに
今日お別れしなきゃならないみたい
じゃない、私達」

優子さんは、私の肩をつかみ、
ゆっくり体から離しました。

(その時、顔を上げて見た優子さんの涙ぐんだ
笑顔は、たぶん一生忘れないと思います)

コンたんは、唇をグッと噛み締め声を出して
泣くのを堪えました。

優子さんは、私の顔を見ると
再びギュッと抱きしめてくれました。

もう、限界です。

涙が止まりません。

静まり返った事務室で、二人はワンワン
泣いてしまいました。

優子さん、本当にありがとうございます。

入社当時、世間知らずの私に
沢山の事を教えてくれましたね。

今の私が、この仕事をしていられるのも
貴女が居てくれたからだと思います。

覚えていますか?私が仕事でミスをして
重圧に耐えられなくなって
仕事放棄して倉庫で泣いてたことを。

その時、優子さんは私にやさしく
接してくれました。
そのことは今でも忘れません。

ありがとうございます。

ありがとうございます。

何度言っても足りないのです。
恩返しも出来ませんでした。

せめて貴女と仕事をした二年間の思い出を
大事にさせてもらいます。

一つお願いがあります。

優子さんとお別れの日は、
笑顔でいられるようにします。

だから、今は沢山泣いてもいいですか?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

コンたん

Author:コンたん
コンたんの日常がここに・・
キャスト
・紺野 紫(こんの ゆかり)=コンたん・ゆかり
・橘 優子(たちばな ゆうこ)コンたんの職場の先輩
・佐々木 瞬(ささき しゅん)コンたんの職場の同期
・大川 竜二(おおかわ りゅうじ)個人経営の電気屋さん(着ぐるみ師)
・神谷 京子(かみや きょうこ)コンたんの学生時代の先輩

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。