FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイエナとコンたん

コンたん 「優子さん、ここ
これでいいですか?」

優子 「そうね、いいわよ。
大体今日の分は終わったかしら」

この業務が終わる頃には
優子さん辞めてしまうんだね。

コンたん 「うーん、疲れたー」

優子 「ちょっと、休憩しようか
今日は、お菓子持ってきたのよ」

コンたん 「やったー。美味しそう
手作りですか?」

優子 「そうよ。子供のおやつ
作りすぎちゃってね。よかったら、どーぞ」

コンたん 「それじゃお茶いれますね」

?「コンたん、俺の分もついでに頼む」

瞬くんだ。部署違うでしょ、あなた。

瞬 「優子サン、俺もお菓子
もらっていいですか?」

瞬 「いいわよ。一緒に休憩する?」

瞬 「やったー。ありがとうございます」

ハイエナめ。

休憩時間めがけてきたな。

私の取り分減るじゃない。

瞬 「このクッキー、うま!!

コンたん、早くお茶!!」

この~瞬!!

コンたん 「お茶入りましたよ~」

優子 「ゆかりも食べて」

コンたん 「いただきまーす。うーん
これおいしーさすが優子さん」

瞬 「優子さん、これ最高ッス」

コンたん 「ダメだよ~瞬くん。これ私の~」

優子 「あはは、二人とも仲がいいのね」

コンたん 「よくないです、単なる同期ですから」

瞬 「そうですよ、優子さん。
まぁ、確かに仕事では頼りにしてますけど」

コンたん 「仕事ではって・・・そうですか。
仕事以外の事は今後お断りするので
よろしく~」

瞬 「優子さん、こうは言ってますけど
頼んだら必ず力になってくれる
いいヤツなんですよ」

優子 「でしょうね、ゆかりはいい子よ」

優子さん、ありがとうございます(感謝)

瞬くんは、余計な事をどうもありがと(怒)

優子 「あなた達もしかして付き合ってるの?」

コンたん 「えー、優子さん
何言ってるんですか?」

瞬 「そうですよ
コンたんとは単なる腐れ縁ですよ~」

なんだと、瞬くん(怒)

コンたん 「瞬くん
そろそろ休憩時間終わりじゃないかな」

瞬 「今日結構暇だし
まだいんじゃないかな」

ぶーっ、瞬くん覚えてなさいよ。
スポンサーサイト

料理とお泊りと

さすがに、自分の料理を人に出すのは久々で
特に京子さんに食べてもらうってのは緊張するな。

京子 「いただきまーす。んっ
コンたん、これ、すっごくおいしい」

コンたん 「本当に?口に合って良かったです
(本当によかった)
ついでに、うちで5kgぐらい太って
帰っていいんですよ」

京子 「1日で5kgって、あはは、コンたん
おもしろすぎるよ」

なんだろう、この笑顔癒されます。

コンたん 「京子さん 、私
そんなに面白いこと言ってないですよ」

京子 「だって・・・・・」

涙目になって笑ってる。

笑い上戸なんだな、きっと。

京子 「コンたん、お酒まだ入ってる?」

うっ、知らないうちにおもてなしされてる。

京子 「コンたん、好きなの人っているの?」

京子さん、私にそんな色っぽい話しあると思いますか。

コンたん 「私、好きな人いませんよ
そんな京子さんは好きな人いるんですか?
って言うより彼氏いるんですか?」

流れで聞いちゃった。(お酒の力かな?)

京子 「いないのよね~これが
コンたん誰か紹介してくれる?」

コンたん 「えーと、ごめんなさい。
京子さんに合いそうな人、
私の知り合いにはいませんね」

京子 「そっか、残念。
コンたんお酒入ってる?」

コンたん「いいですよ
今度は私がもってきます」

立った弾みで京子さんがふらつく。

コンたんは、京子さんを正面から支える。

京子さんはコンたんより身長高いけど

寄りかかってきたときの軽さにびっくり。

かる!! 京子さん天使なの?ってくらい。

コンたん 「大丈夫ですか?」

京子 「うーん、思ったより酔ってるね」

コンたん 「京子さん

今日うちでお泊まりしましょう?」

京子 「そうだね、そうさせてもらおうかな
ごめんね、いきなり泊まって」

コンたん 「どーぞ、お泊まりください」

二人とも布団に入ってから寝付けずに
朝方まで話しました。

京子さんは優しいし、いい人だよね。
私にお姉ちゃんいたらこんな感じだったかな。

いつも私のこと、かわいがってくれるし。

私が京子さんにしてあげられること
あんまりないけど
なんか悩み事あったら
私には話してね。

おやすみ お姉ちゃん

宅飲みとおもてなしと…

コンビニで買い物を済まして
自宅へ向います。

よく考えてたら、京子さん
うち来るのはじめてだね。
なんか、緊張する。

コンたん「ちょっと散らかってますけど
どうぞ」

あーもしかしたら、オタクで1人暮しだから
部屋汚いとか思ったでしょ(誰に言ったの?)

前にも言ったけどコンたんは
ハイスペックなんですよ。

京子 「へぇー
結構部屋キレイにしてるんだね」

コンたん「京子さん、もしかして
ゴミ屋敷とか想像してました?」

京子 「そーじゃなくて、ほら、なんとなく」

はぐらかすの下手すぎ(笑)

京子さんだから許しますけど。

コンたん「京子さん、なに食べます?
お腹空いてます?」

京子 「えっ、コンたん料理できるの?」

コンたん「京子さん、
コンたん1人暮ししてるんですよ。
できないと生きていけませんよ(笑)」

京子 「私、1人暮しだけど
できないんだよね」

美人は得ですね
コンたんその辺だけは納得できません。

コンたん「で、なに食べます?」

京子 「うん、中華料理とかできるの?」

コンたん「任されました~
先飲んでていいですよ」

京子 「ダメだよ。一緒にじゃなきゃ」

わー、京子さんカワイイー

これで料理できたら完璧だね。
神様も結構平等なところもあるんだね。

コンたん「じゃあ、テレビでも見ててください」

逆の立場なら京子さんの
エプロン姿で一杯やってる所です(笑)。

今日は、楽しく飲むぞ。

京子 「手早いね、コンたん。
今度、私にも教えてよ~」

コンたん「いいですけど、コンたん
スパルタですから、厳しいですよ。」

京子「先生、お願いします(笑)」

それに京子さん、コンたんと一緒に
居る時間が増えると
オタク洗脳されますよ(笑)

コンたん「できました~」

京子 「わー凄い、美味しそう」

コンたん「じゃあ、飲みますか、乾杯!!」

京子さんとコンたんと・・・

コンたんは今、京子さんとドライブ中。
一休みして道の駅でポケモンGOやってます。

京子 「コンたん、やったよ捕まえた!」

京子さん、こんなに無邪気に。

コンたん 「京子さん、上手ですね~」

京子さん楽しそうだ。

コンたん 「京子さん、捕まえたポケモン
戦う事できるんですよ。」

京子 「ほんとに、戦いたい」

コンたん 「ちょっと待ってください、
LV5になってチームに
入らないといけないんですよ」

京子 「そうなんだ、今日は無理か~
結構おもしろいね。
また、一緒に来ようよ」

コンたん 「また、来ましょう」

京子さんといると楽しいな。
いつも遊びたいけど彼氏に悪いか。
あれ、
京子さんって田舎じゃ
圧倒的にキレイだからモテるよね。
だけど、誰かと付き合ってるって
聞いたことないよね。
何でだろう?流石のコンたんも
気になるな。

コンたん 「京子さん、明日お休みですか?」

京子 「うん、休みだよ」

コンたん 「じゃあ、家で飲みませんか?」

京子 「いいの?やったー
コンビニで買い物しよ」

コンたん 「いきましょう!!」

京子さん、さっき飲みに
誘って欲しかったみたいだから
誘ったけどお店の方が良かったかな?
でも、京子さんは、目立つからなぁ
いいよ、今日はコンたんの得意料理で
おもてなしするよ。

先輩と・・・

今日は先輩にはドライブってことにしてますが
コンたんはポケモンGOがやりたくて
連れて来てもらいました。

コンたん 「先輩、今日は付き合ってもらって
ありがとうございます」

? 「暇だったから別にいいよ」

この人は、学生時代の先輩の神谷 京子さん (かみや きょうこ)。

京子 「コンたんって、ゲーム好きなの?」

コンたん 「そうですね、ポケモンは
今はまっていまして・・・ 」

京子 「そうなんだ」

コンたん 「それに、キョウコさんと
たまに、お話ししたいなって」

京子 「それなら、飲みに誘ってよ」

コンたん 「あーじゃあ今度誘いますね」

京子 「それで、どーするの?」

コンたん 「京子さんも
やってみませんか?」

京子 「私、ゲームあんまりやらないから
でも、せっかくだしやってみようかな」

コンたん 「是非~ えーと
携帯借りていいですか?」

さすが京子さん、付き合いいな
京子さんは昔からコンたんの事
可愛がってくれてるんだよね。

時間は、学生時代まで
さかのぼります。

コンたん 「あれ~
確かこの辺まであったんだよな~」

京子 「何か捜し物?」

コンたん 「はい・・・確か神谷さん?ですよね」

京子 「私の事、知ってるんだ」

コンたん 「転校してきた人ですよね。

田舎だからわかりますよ~」

京子 「あはは、そうなんだ」

コンたん 「それに、髪がサラサラな色白美人が
転校してきたって噂だったし」

京子 「なにそれ、恥ずかしいな~」

コンたん 「あっ捜し物してたんだ!!」

京子 「ごめん、邪魔しちゃったね
もしよかったら一緒に探そうか?」

あー懐かしいな、結構遅くまで探したけど
結局見つからなかったけどね。
あの時から、ずっと可愛がられているんだよな。
京子さんって一人っ子だからコンたんの事
妹みたいに思ってくれてるんだよね、きっと。

つづく


涙と感謝と・・・

優子 「ゆかり、
仕事大分出来るようになってきたわね」

コンたんは、やれば出来る子ですから

優子 「ゆかりにはお世話になったね」

優子さん、何言ってるんですか
私の方がお世話になりっぱなしでした。
私は涙ぐみました。

コンたん 「優子さん、辞めないでください。
私、優子さんの仕事もしますし・・・
事務室でくつろいでくれていんで」

優子 「あはは、ありがとうね。
私もここはね 結構気にっているから
辞めたくないのよ。

でも、 旦那に単身赴任させる訳に
いかなくてね、娘が旦那にべったりなのよ。」

コンたん 「そうだったんですね・・・」

優子 「うん、そうなの。ごめんね。」

私は、優子さんに一杯お世話になりました。
優子さんは、すっごくいい人で・・・

(この二年間のことが頭から次から次へと
思い出になって蘇ってきます)

号泣です。

ただ、ただ
下を向いて泣きました。

そんな、私を優子さんは胸元に
そっと引き寄せ
ありがとね、ありがとね。と
何回も言いました。

優子さんの声も小刻みに震えていました。

優子 「ねぇ、ゆかり、
まだ、退職まで2週間以上あるのに
今日お別れしなきゃならないみたい
じゃない、私達」

優子さんは、私の肩をつかみ、
ゆっくり体から離しました。

(その時、顔を上げて見た優子さんの涙ぐんだ
笑顔は、たぶん一生忘れないと思います)

コンたんは、唇をグッと噛み締め声を出して
泣くのを堪えました。

優子さんは、私の顔を見ると
再びギュッと抱きしめてくれました。

もう、限界です。

涙が止まりません。

静まり返った事務室で、二人はワンワン
泣いてしまいました。

優子さん、本当にありがとうございます。

入社当時、世間知らずの私に
沢山の事を教えてくれましたね。

今の私が、この仕事をしていられるのも
貴女が居てくれたからだと思います。

覚えていますか?私が仕事でミスをして
重圧に耐えられなくなって
仕事放棄して倉庫で泣いてたことを。

その時、優子さんは私にやさしく
接してくれました。
そのことは今でも忘れません。

ありがとうございます。

ありがとうございます。

何度言っても足りないのです。
恩返しも出来ませんでした。

せめて貴女と仕事をした二年間の思い出を
大事にさせてもらいます。

一つお願いがあります。

優子さんとお別れの日は、
笑顔でいられるようにします。

だから、今は沢山泣いてもいいですか?


ドラゴンの息子・・・

大川 「実は、息子の事なんだ」

大川さんの息子は、学年が近いので
知っている。
確か、恭介さんだったかな。

コンたん 「どうしたんですか?息子さん」

大川 「来月、ここに戻ってくるんだ」

確か大手の電気メーカーに就職したって
聞いたけど…

コンたん「また、何でですか?」

大川 「恥ずかしい話し、ユーチューバー
とかになりたいとかで仕事やめて
やがったんだ…でな」

コンたん 「強制送還って訳ですか」

大川 「あーそんなとこだ」

うーん、コンたんも似たようなところあるから
なんともいえないな(苦笑)

大川 「まあ、理由はともあれ、
帰ってきたら仲良くしてやってくれ。
あーあれだったら
結婚してくれていんだぞ」

コンたん 「えーっ
そういう問題じゃないでしょ」

大川 「ゆかり、料理とか得意なんだって聞いたぜ、
いい女は、男の胃袋つかまなきゃな。ガハハハ」

自分で言うのも変だけど確かに、料理は得意なほうだ。
でも、それとこれは別問題!!

コンたん 「私、まだまだ結婚考えてないですよ。」

大川 「そんなこと言ってたら婚期逃すぞ、ゆかり。
わははは。」

大きなお世話です。

コンたん 「大川さん、そういうのは
本人同士の問題だから
私が勝手に決められないですよ~」

大川 「そっか。そうだな、まあ
とにかくよろしく頼む」

なにをですか?

コンたん「仲良くはできますよ。
知らない仲じゃないんで」

大川 「ガハハハ、それじゃ
仕事の邪魔しちゃ悪いから行くわ」

コンたん 「・・・はい。お疲れ様でした・・・」

なんだか、仕事前に疲れちゃった。

着ぐるみ師と再設定・・・

? 「こんちはー」

コンたん 「あーこんにちは。
今日は、どうしたんですか?」

この人は、大川 竜二さん (おおかわ りゅうじ)。
この辺じゃ有名な着ぐるみ師だ。
着ぐるみ師って
えーと、ゆるキャラとかの中の人です。
本業は、個人経営の電気屋さんです。

大川 「聞いたよ、ゆかり。
出世したんだって?」

コンたん 「えーっ、出世じゃないですよ~」

そう、ただ、仕事が増えるだけである(笑)
コンたん的には致命傷である(笑)

大川 「今日はさー優子の依頼で
ゆかりと代わる前に再設定してくれって
言われてるんだよ。
なんか
使いづらいらしくてな、ゆかりには楽して
ほしいんだってよ。」

優子さん、とてもいい人だー
お願いだから辞めないでー

大川 「ゆかりが使いやすいようにして
やるからよー
打ち合わせしながらやろうと思って
今、大丈夫か?」

コンたん 「そうですね
私の仕事、あとでも大丈夫なんで
先にやりましょうか」

再設定は、30分ほどで終わりました。

大川 「こんなもんかな」

コンたん 「さっすがー
すっごくやり易くなりましたー」

大川 「ゆかり、ちょっといいか?」

コンたん 「えっ、なんですか?」

つづく

後押しと決断と・・・

コンたんは、今引継ぎで優子さんに仕事を教えてもらっているところである。

優子 「ゆかり、一度に全部は、無理だと思うから今教えた事できるようになってね」

コンたん 「は~い」

社員B 「橘さん、部長が呼んでますよ。」

優子 「はーい、今行きます。」

部長に呼ばれたね、ちょっと休めるな。
頭使いすぎた、甘いもの食べた~い。

優子 「ゆかり、今の所しっかりやっておいてね。ちょっと行って来るから。」

コンたん 「行ってらっしゃ~い。」

優子さんが席をはずす。

?「コンたん、がんばってるね。引継ぎ順調?」

コンたん「うん、まあね」

?「あ、これ食べる?」

コンたん「ありがとう、
甘いの欲しかったんだよね~」

この人は、佐々木 瞬(ささき しゅん)、
私の同期で人がよくて
仕事もそつなくこなす人だ。

瞬 「もう、9月だね~早いね~」

コンたん 「そうだね」

瞬 「俺、今月誕生日だった。
忘れるとこだったよー」

なに、何のアピール私から
プレゼント貰おうとしてるんじゃ?

コンたん 「そ、そうなんだね~
その日彼女と祝うのかな?」

ちょっと、カマをかけてみる

瞬 「いやー、それがさー今付き合っている人
いないんだよね~」

コンたん 「そうなんだ~」

なに、瞬君。君は確かにいい人だけど
私、そんなに君に特別な感情ないんだけど・・・

瞬 「その日、開いてるから何しようかな?」

知らんがな(危ない、口が滑りそうになった)

コンたん 「誕生日までに彼女作ったら
いいんじゃない?」

瞬 「うーん、それができれば
苦労しないんだけどな」

コンたん 「ほら、こないだ入ってきた
バイトの子、興味ないの?
性格良さそうじゃない。それに結構可愛かったし」

瞬 「あーかわいいよねー」

コンたん 「じゃあ、告白しなよ」

瞬 「いや、無理でしょ、
仕事で絡んでるとしてもいきなりすぎるし」

瞬君そこであきらめちゃダメでしょ。
あきらめたら、そこでゲーム終了よ
(名台詞パクリ)

瞬君、私達は同期で大変なとき、
愚痴言ったりして励ましあった仲だよ。
君には、結構助けてもらったし。
だから、背中押してあげるよ。

コンたん 「それで、瞬君はどうしたいの?」

瞬 「うーん、どうって?」

コンたん 「彼女欲しいの?」

瞬 「そりゃ欲しいよ」

コンたん 「じゃあ、がんばらないとだね」

瞬 「うー、ほんじゃ、がんばるわ~俺」

コンたん 「振られたら、
ヤケ酒付き合ってあげるから
思いっきり行ったらいいよ!!」

瞬 「なんだよ、それ。
もう振られる流れとかひどくねぇ・・でも、
ありがとう・・勇気でた。」

優子 「おまたせ~・・あら、佐々木君。
お邪魔だったかしら」

瞬 「すみません、お邪魔してまーす。」

コンたん 「お邪魔されてまーす。」

優子 「フフフ、二人仲いいね、
付き合ってるの?」

コンたん・瞬 「付き合ってません!!」

優子 「あら、息もピッタリね。
それで何の話ししてたの?」

瞬 「世間話ですよ、お邪魔しました」

瞬君、逃げたな。

優子 「何の話し?気になるな~」

コンたん 「別にどうでもいい話しですよ、
さぁ仕事仕事」

優子 「気になる~」

こんなやり取りが30分くらい続きました。

涙の行方・・・

息を切らして優子さんを探す。

コンたん 「あの~橘さんいますか?」

社員A 「さっき資材庫に行きましたよ。」

コンたん 「ありがとうございます。」

よし、行こう!!

普段の運動不足が・・・ふらふらする。

あっ優子さん、見つけた!!

コンたん 「はぁ はぁ 優子さん」

優子 「どうしたの?ゆかり」

コンたん 「はぁ ちょっと待って はぁ はぁ」

情けないなそんなに走ってないのに(笑)

コンたん 「優子さん やめるって本当?」

優子 「部長から聞いたんだね、うん、やめるよ。」

コンたん 「なんで・・・」

優子 「う~ん、子供の為かな」

優子さんって結婚してるんだった、事情のひとつふたつ

あるに決まってるよな。

止めれるわけないな。

コンたん 「・・・・・」

優子 「心配して来てくれたんでしょ。

ごめんね、ゆかり。隠してたわけじゃないんだ。」

あれ、私泣きそうになって事務室出てきてたんだけど

走ってるうちに苦しくて忘れてた、あはは。

コンたん 「ふぅー、家族が理由なら、しょうがないですね。

優子さんの仕事引き継いであげます。」

優子 「何?偉そうね、ゆかり。休憩なしで引継ぎしてあげてもいいわよ。」

コンたん 「え~嫌ですよ~そんなの~」

もう少し時間があるんだ、今泣くわけにいかないよね。

この後、優子さんと話しこみすぎて(1時間ほどサボってしまいました)

他の先輩に怒られました。てへっ
カウンター
プロフィール

コンたん

Author:コンたん
コンたんの日常がここに・・
キャスト
・紺野 紫(こんの ゆかり)=コンたん・ゆかり
・橘 優子(たちばな ゆうこ)コンたんの職場の先輩
・佐々木 瞬(ささき しゅん)コンたんの職場の同期
・大川 竜二(おおかわ りゅうじ)個人経営の電気屋さん(着ぐるみ師)
・神谷 京子(かみや きょうこ)コンたんの学生時代の先輩

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。